伝説の再来!スターウォーズエピソード7を4DXで観て来ました!

カイロレン
休みがとれたので早速見に行きました

スターウォーズエピソード7 フォースの覚醒!

上映中水しぶきや座席が動くなど
体感型アトラクションとしても名高い4DXシアターにて鑑賞してきたので
映画本編と4DXシアターの簡単な感想を

※この記事にはエピソード7の軽いネタバレが含まれています。

 

スポンサーリンク



 

新しい世代のスターウォーズへ

フィン「正しいことがしたいんだ!」

フィン

 

帝国軍残党によって結成された“ファーストオーダー”の新兵
初の出撃で仲間を失い、出兵先の捕らえた村人へ
ブラスターを撃つことができず
自分の行いに疑問を持ち始め……

かなりヘタレです

出自を問われたときに咄嗟にレジスタンスを名乗ってしまったり
「俺はレジスタンスの大物なんだ!」とハン・ソロに吹いて見たり
(ソロにはあっさり見抜かれるところがまたいい感じ)

ファーストオーダーを恐れる余り
一時はレイ達と離れて逃げ出してしまったり……と
幼少時から大活躍だったアナキンや
レイアを助けるんだ! とハン・ソロを引っ張っていた
若い時代のルークと比べるとかなり弱気なキャラクター付け

ですが、そうした葛藤や恐怖の中で
友達のレイを助けるために基地内で奮闘したり
ライトセイバーを握ったりと
ヘタレながらに頑張る王道を往く主人公キャラでした。

すごく好きです、フィン

 

レイ「あなたも怖がってる!!」

レイ

レイア、パドメに続くかなり強気のヒロイン枠

カイロ・レンのフォースでの読心術に打ち勝ってしまったり
ラストのとある最果ての星での1シーンといい

「ああ、フィンじゃなくてレイが受け継いでるのか……」

……と、まだ憶測の域は出ませんがかなりの選ばれし者オーラ
エピソード5の一幕を想起させる
終盤ライトセイバーを引き寄せるシーンは
スクリーンに映るレイと一緒に唖然としつつも大興奮でした。

レイの両親の詳しい素性や
惑星ジャクーで一人待ち続けることになった理由については
あまり深く掘り下げられることがありませんでした
エピソード8、9にてどう回収されるか楽しみです。

 

ハン・ソロ「……戻ってきたぞ」

ハンソロ

お か え り

予告編でも何度も見ていましたが
劇場で見たときは本気で涙腺が緩みました

今回とあるキャラと深い関係にあり、ストーリー上重要キャラを
演じたハン・ソロ
借金取りに追われてトラブルを抱えて大立ち回りを強いられる下りは
エピソード4の酒場での撃ち合いを思い出してまた涙腺が緩む

レイとフィンに対してフォースの実在を語ったり
ブラスターの扱いを教えたりと2人を導く立場になっており
エピソード4~6からの世代交代を象徴していますね

登場の下りで即座にレイとフィンの隠れ場所を見抜いたシーンは
エピソード4での潜入シーンの下りを象徴していて感動しました。

 

カイロ・レン「……ライトサイドの誘惑を感じました」

カイロレンフォース

 

多分冒頭のここが一番カッコイイ

やたらと癇癪を起こしてはライトセイバーを振り回し
レイ相手には力負けの挙句に逆に自分の心を読まれたりと
フィンとは別ベクトルでヘタレています。

目標としているダースベイダーと比べると
かなり迷いを抱えているキャラですね
クリスタルに傷があるせいでノイズが走っているライトセイバーも
彼の心境を象徴しているよう。

チューイのブラスターを弾き飛ばせず撃たれて膝をついてしまったり
最後の対決では……

エピソード8、9での活躍に期待ですね

ルーク・スカイウォーカーを探して

予告編でもなかなか姿を見せなかったルーク
本編ではどうか? と言うと ほんの少しだけ登場しています
ラストの1シーンではあるのですが……

ルークが画面に登場したとき、僕が思ったこと
「僕、今歴史に残る映画を見てる」

 

 


スターウォーズ エピソード7 フォースの覚醒公式トレイラー

長年のファンもそうでない人も是非劇場へ!!!

 

おまけ  -4DXの感想-

今回4DXシアターにて鑑賞していました
予告編の後に出てくる4DX体感デモは
派手に椅子が上下左右に揺れまくって危うく気持ち悪くなりましたが
本編での揺れはほどよく体感できる程度に収まっていました。

ブラスターが飛び交うシーンでは
顔の横でシュッ!! と空気が噴出したり
TIEファイターとXウィングのドッグファイトシーンや
ミレニアムファルコンの飛び交うシーンでは
連動して椅子がグイグイ揺れるのでかなりの臨場感がありました

ただ警告にもあるとおり
体調が思わしくなかったり乗り物に極端に酔いやすい方は
避けておいたほうが無難かもしれません

スポンサーリンク



関連記事(広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です