赤血球かわいい!漫画「はたらく細胞」が面白い!

はたらく細胞(1) (シリウスコミックス)
今回おもわず表紙買いしてしまいました。

『はたらく細胞』

仕事が終わった後書店をいつも適当にブラブラする習慣があり
たまたまコミックの周辺をうろついていたところ
細胞擬人化漫画! というアオリにまんまと乗せられて
気がついたら商品片手にレジへ

 

はたらく細胞目次
  • 第1話肺炎球菌
  • 第2話スギ花粉アレルギー
  • 第3話インフルエンザ
  • 第4話すり傷

目次の時点で面白いって何かズルい

 

スポンサーリンク



人知れず人の中で進む物語

酸素運搬、かさぶた、免疫、アレルゲン……

赤血球

赤血球が各細胞へ酸素を運搬している図

開始1ページ目から濃すぎる世界観を見せられます

小腸からの栄養を運んでいる赤血球に
「マナーを守って一人ずつ!」と書かれている毛細血管
背景の小物に至るまで何もかも強烈です
実際の体の中の話なのに

かなりミクロな世界観なのに
妙に生活観のある背景描写が秀逸です
あと赤血球がかわいい

 

体内で行われる人間(?)ドラマ

レセプターが反応している!

キッチリ医学用語が出てくるところがほんっとずるい

メインとなる赤血球と白血球の助け合いや
樹状細胞のサポートで覚醒するナイーブT細胞など
細胞によって行われる免疫機能が擬人化された細胞によって
妙にドラマチックに進行するのがたまらんです

メインを貼る主な細胞達以外でも
背景で奮闘したり逃げ惑ったりする大量のモブ細胞が
モンスターパニックモノの映画ばりの構図を繰り広げるのが細かい

スギ花粉アレルギーの下りなんかは特に秀逸です

(自分も苦しんでるだけに)

 

ミクロ世界の住民たち

マクロファージ

まさかのお嬢様キャラなマクロファージさん

酸素の運搬=配送業者風の赤血球と
各細胞の役割に沿った愛嬌のあるデザインが面白い

不要になった二酸化炭素を受け取ると後は肺に変えるだけ
ちょっとのんびりできる。

人体の生々しい話なのですが
妙に生活感のあるサイクルに置き換えられてるのがかわいい
ミクロの世界で行われている日々の人間の生命活動が
ハイスピードかつシュールなノリと緻密な背景描写の元で行われ
最後はこの妙な世界観にどっぷりはまってました、オススメです

 

はたらく細胞はebooks様のサイト無料で立ち読みすることができます

ebooks検索欄

アクセスした後に検索欄に「はたらく細胞」と入力!

 

ebooks検索結果

立読をクリックすれば第一話まるまる読めるので是非!

(スマホからアクセスした場合専用アプリが必要になります。)

 

スポンサーリンク



関連記事(広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です