ジムでのトレーニングに復帰、初めてのバーベル

最近自分の生活圏内にジムがあることを知る
会費もまあまあ手頃だしインストラクターさんの指導も
ちゃんと受けた上でトレーニングした方がいいかなあと
常々思っていたので。今回思い切って久々にまともなジムへ
入会手続きをしてきました。

ついでに施設見学やらなにやら
人目のあるところでトレーニングするのも久々になるので
そういう点でもいい影響が期待できるかなーと

スポンサーリンク



施設見学にて

入会手続きそのものはさらりと終了
前の職場の時に通っていたジムが建物の契約期間満了の関係で
閉じてしまったので新しいジムを探していたのですが
ちょうど良いところに来れたなあとほっこり

んで久々に眺めるスミスマシンや
ランニングマシーンの数々

トータルフィットネス(TotalFitness) ミニ バーベルシャフト 1000mm STW059

僕「おー バーベルもあるんですね

ちょっと触っても大丈夫ですか?」

 

インストラクターさん「いいですよー」

 

僕「じゃあとりあえずバーだけ……」

 

僕「……ん?」

 

 

重ッ!!!?

 

インストラクターさん「シャフト部分だけでも6kgぐらいあるんで

気をつけてくださいね^^」

 

僕「ウッスorz」

 

 

IROTEC(アイロテック) レギュラーWバー

 

いや、前のジムだとスミスマシンとケーブルしかなかったのと
自宅でのトレーニングではダンベルしか使ってなかったってのは
確かにあるんですが

バーベルのバーだけでよろけるのは流石に凹みましたorz

トレ板とかでバーだけでも重いとか
ウォームアップの時にとりあえずバーだけで上げ下げするとか
話には聞いてましたがやはり手に触れると印象が違う……

 

平日の夜でも結構人は多め

今回通いつけのジムはいわゆるゴー○ドジムのような
肉体的にもガチな人が通う所というよりも
おしゃれなOLさんが仕事帰りに通う所なので
有酸素運動のための施設が多めでした

ついでに自分と同じく仕事終わりの後に来たらしき
同世代のおねーさんおにーさんが一杯
異性愛者ならそれなりに目の保養とかになるのかなーとか
うっかり下らないことを考えて帰路に着きました。

運動してる人をみるとやる気がでる

久々のジムに出て感じたのが
隣で頑張ってる人がいるとやっぱり張りがあるなあということ
自宅と違って誘惑が少ないですしね
隣でガッチリスクワットしてる横でダラダラインターバルとって
ゆるゆるベンチプレスなんてのはできません。

やる気が起きないなーって時は思い切って環境変えちゃうのも
やっぱり有効だなと改めて確信。

ひとまず週一からまたジムトレに復帰を決めた管理人でした。

スポンサーリンク


関連記事(広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です