クローズドゲイやっててキツイ瞬間

クローズドゲイ
クローズドゲイ

クローズドゲイというのは早い話ゲイ(同性愛者)であることを
隠しているゲイのこと
逆にゲイであることを公表してるひとをオープンゲイといいます。

んで、僕は職場ではクローズドゲイでやってます。
公表する必要もないし、面倒だしいいやーと
割と軽い気持ちでのんびりゲイ生活をやっています
ゲイだからといって性愛対象が同性であること以外に
特に違いはないですしね。

とはいえ
ゲイを隠しながら生活するといろいろキツイことも

By: Bryan Mills

スポンサーリンク



ノンケのエロ話(酒の有る無し関わらず)

共感してくれるゲイは結構いるはず
男だけの酒の席でノンケのエロ話の中にまぎれたときの辛さ
酒が入っていてなおかつちゃんとした付き合いだったり
飲んでる相手が上司だったり取引先だったりすると
「はやくかえりたーい」 と頭の中で連呼しています……

キツイことは色々あるのですが
正直これが一番キッツイ

共感できないから面倒

「あそこの女さ、四つんばいにさせてえよなあ」
「胸ってそんなデカくなくてもいいよな、しいて言うならこれくらい」
「この前行った飲み屋でさーおばさんが出てきて」

(´・ω・`)知らんがな

脂ぎったおっさんの下品なエロ話はキッツい
酒が入るとここで書けないようなエグい話を聞くのでもっとキツい
欲望に共感ができないので一緒に盛り上がれないせいで
飲み会が性欲の高ぶったおっさん観覧会に変貌するから
いやぁ、キツい

といいつつ僕もうっかりSNS上で熱く一人語りしてしまう瞬間があるので
「横から見ればそういうときの俺はこうなんだぞ!」 と
人のふりみて我がふり直す機会に位置づけています。

共感できないので反応に困るというのもありますし
会話に参加できないので隅で静かに
周りの笑いにタイミングを合わせることだけに集中しながら飲む
というちょっとした苦行に
そして酒が不味い

ノリの悪い童貞の振りをする必要がある

彼女いない暦=年齢 だから わかりません!
で押し通しています、普段は
「じゃあどこか遊びにいくかー!!!」
ってことにならないように適当に流す、流す、流す

うっかり自分が矢面にならないように
飲み会の場だけでなく、普段の話題も
なるべく男女関係のガチ目な話に向かないように
あってもなるべく参加しないようにやってます

他のゲイやビアンの人はどういう風にこなしてるんだろうか……

自分のガチな話ができないストレス

滅茶苦茶性に奔放……とまでは行きませんが
深い仲になった相手はこれまでの人生で何人かいます

ゲイ特有の下ネタ話とかは結構好きですし
ゲイバーとかだとここぞとばかりにオープンに
性に関する悩みを暴露したりしています。

逆にそういう場でないとオープンに悩みを語れないので
普段は一人で悩む必要があるというのが辛いですね
ただ、今はSNSも発達しているのと
ゲイ向けのアプリも豊富なので
学生時代と比べるとこういうストレスはかなり減りました
テクノロジー万歳

まとめ:オープンになればいいのに

多分この手の悩みは
オープンゲイになれば一発で解決するんじゃないかなあ
なんて思ってます。
ただオープンなゲイも別な方面で悩みやストレスがあって
結局人の間で生きるんだから
多少のことは我慢すべき、なんだろうなあ
当たり前か

スポンサーリンク



関連記事(広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です