【ゲーム】通信ケーブルを持ってた子の家に集まって……今、ポケモンGOへ至る

ポケモン青
ポケモン青

 

初代ポケットモンスター発売は1996年

今から20年前

まだまだ分厚い&重い初代ゲームボーイにて遊んでいた当時
友人か自分が通信ケーブルを持っているかどうか
151匹コンプの重要な分岐点でした

 

スポンサーリンク

ポケモン交換

 

「ナゾノクサとマダツボミ交換しよーぜ」

 

インターネット? なにそれおいしいの? な当時
自分のバージョンでは捕獲不可能なポケモンの情報を交換しあい
友達の家にあつまり、ちょっと対戦しつつ
お互いの図鑑コンプに必要なポケモンを交換する
フーディンやゲンガーのように
通信必須のポケモンをお互いあらかじめ育てておいて
さっさと交換して図鑑を埋めた後
パパっと相手の下へ送り返す

通信ケーブルを活用しまくってたゲームでしたねえホント
今でも友人とあれこれ捕まえたり対戦したりってのは
よーく覚えています。

そしてポケモンGOへ

ゼニガメ

 

そりゃあDLするに決まってる

 

田舎でポケモンがいない? ゲームとしてはまだまだ?

知らんがな。

当時と同じく最初の3匹から選んで

マサラタウンの草むらで

ポッポとコラッタを捕まえるところから

もう一度遊べるんだよ!!!

 

初代パートナー

 

 

また一緒に遊べるよ、ゼニガメ

 

 

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です