シン・ゴジラの感想をのんびり語るよー(※ネタバレ有り)

シンゴジラチケット
シンゴジラチケット

白米と味噌汁はひとまず今は忘れて
シン・ゴジラ、今更ながら観にいきました

宣伝で出てきたゴジラの顔のアップが
滅茶苦茶恐かったのと
怪獣モノの映画、特にゴジラシリーズについては
父の膝の上でゴジラVSキングギドラを見たっきりだったので
中々視聴に踏み切れなかったのですが
フォロワーの方々の評判のよさや
地上波で観たギャレゴジこと2014年版ゴジラの影響もあって
チケットを購入、近場の劇場に踏み込むことに

※本編のネタバレが含まれます、閲覧注意

 

スポンサーリンク




 

蒲田のアイツ、恐すぎる

蒲田のあいつ

 

恐いよ!!?

 

蒲田のあいつ っていう単語だけは耳にしてましたが
あさっての方向見ながら虚ろな目で
車やら船やら押しのけてウネウネしながら迫ってくるのは
思っていた以上に恐すぎた、何だコイツ……

エラから何かをドバーッと出しながらうねうねする様は
何のために上陸したのかさっぱり分からないのもあって
とにかくコワイ!! で頭一杯でした

あとこの手の怪獣モノにちょくちょくある描写なんですが
マンションのあのシーン凄く好きなんだけど苦手でキッツイ
ああいう間接的な死の描写ってこう
想像力書き立てる分嫌なドキドキがして好きだけど嫌い

会議のシーンって寝るところあった?

他の感想記事でも言われていたことですが
人間同士の会議シーンが非常に多いのに
テンポよくガンガン次のシーンに以降するので
白米を食わされているというよりも
次々新しいモノが飛び出してんほおおおお!!! と叫ぶ感覚
日本特有の責任逃れやら会議まみれで後手後手に回る描写といい
会議シーンなのにテレビ画面やらツイッターのアレやらで
圧倒的存在感なゴジラ様と全く飽きなかったし
むしろこういう会議シーンこそ面白かったとです。

 

おなじみのこのBGMが出たシーンは滅茶苦茶ニヤニヤしました。
アレ最高ですよね? ね?

2回目に使われてたパタースン女史が資料を配るシーンでも
BGMも相まって滅茶苦茶テンション上がりました。
というか、観ていて一番燃えた下り。

背中からも出るのかよ!?!?

内閣総辞職ビーム

 

あっさり火の海になる東京が美しかった

ギャレゴジを直前に見ていたせいもあって

「わーい光線だー!」

「えっ」

 

「ええええ……(ドン引き」

「うわあ」

 

ギャレゴジは一転攻勢の燃えるシーンでしたが
こっちのゴジラくんはBGMも相まって本当に絶望感凄かったですね……

内閣総辞職よりもあっさり真っ二つになるビル群に衝撃を受けた
あと炎の海になった永田町ほんっとに美しいですね……

背中から照射されたプロトンビームが踊り狂うシーンと
口からのビームがビルをなぎ倒すカットは燃えました
夜闇に輝くビームとゴジラほんと綺麗……

でも地下鉄停電シーンは悲鳴が生生しくて
観てるこっちが嫌な汗かきました
停電から悲鳴まで数秒間があるのがリアル

 

石原さとみは別に気にならなかった

 

あ、アスカ・ラングレーもしくはリツコさん枠か

凄く華のある女優さんなんだなあ、くらいのぬるい認識
ルー大柴しゃべりも特にそういうキャラクターなんだなあ位
画面に出ると滅茶苦茶目立つなあ、凄いなあ

要するにご本人が華のある方で
さらに英語交じりに思わせぶりに語るキャラだから
注目されてたんですね、という感じ
僕は特に気にならなかったとです。
(ラストの下りで恋愛っぽい空気にならなくてよかった)

「え?」 となった箇所

 

「ゴジラより恐ろしいのは人間ってことね」

 

えー ゴジラに首都火の海にされたばかりじゃない
核攻撃云々の政治的絡みをする人間よりも
僕はゴジラの方がまだまだ怖いです(

あとゴジラに核兵器って効くんですかね……っていう不安も
ただ一方で核攻撃の延長のために
あらゆるコネを使って動くおじさん達のシーンは
前半の会議シーンと同じくテンポ良いのもあって
ものすごく見入りましたね……

「ラーメン伸びちゃったよ……」


このカットが一番好き

 

結論:特撮、怪獣知識ゼロの自分でも満足しました

  凄く面白かったです

早くDVD・BDください

まだ一回しか観てなかったので
うろ覚えな部分も多い感想でしたが
テンポの良さやゴジラの何ともいえない不気味さに
日本特有の会議まみれやら何やらを皮肉りつつも
日本はまだまだいける国だ、という熱さが
非常に心地よい映画でした

Huluで旧ゴジラちらちら観てきます。

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です