「死にたい」 と思った新入社員が確認すべきこと、最悪の行動に移すその前に。

やめなさい

 

 

「死にたい 新入社員」

と検索してたどり着いた方
まずはゆっくり呼吸を整えてください。

僕自身も死にたいと何度も検索しては
解決策が一つも見つからなかった側の人間です

  • 新入社員だから怒られて当然
  • 一年は頑張れ
  • すぐやめたらやめ癖が……

 

そういうのはわかってはいるけども

欲しいのは正論じゃない

今現在、諸々のストレスが重なって荒れてる方は
ひとまずお茶を入れてゆっくり読んでください
死にたい……と思ってしまうほど
疲弊してしまった貴方に少しでも力になれれば幸いです。

 

スポンサーリンク
 




 

確認すること:その感情は一過的なものか、持続しているか?

 

 

感情の強さの指針として

「その思いは数日以上持続しているか?」という点

たまたま悪いことが重なって
もうやだーしにたいー 程度であれば
一日しっかり休めば大体回復します。

そうではなく

  • 数日間、何度も繰り返し同じ思考が上る
  • 朝起きてもまた同じ思考になる

という状態であれば
その考えは一過性ではなく、悩みとして
根付いている可能性が高いです、
しっかり対処しましょう。

 

確認することその2:具体的に何が辛いかメモを取る

 

そもそもメモを取れるほど気力が沸かない方は
飛ばして次の項目を読んでください

「死にたい」と思うほどキツイ原因を書き出してみます

頭の中でもやもや考えていると
ありもしない不安やもやもやした負の感情が
ぐるぐる回ってループしてしまうので
箇条書きでも殴りがきでもいいので
文章で何が辛いかを書き出します。

  • 上司や同僚との人間関係が合わない
  • 体調不良な状態で無理矢理働いている
  • 入社してから友人や家族とまともに連絡をとっていない
  • パワハラ、セクハラを受けている
  • 仕事の内容があわない

頭の中が空になるまで書き出します。

書き出すことで整理されて
解決策がすんなり見つかったり
文章に書き出すことで客観視ができて
実はそこまで深刻なものではない、という可能性もあります。

書き出したけどすっきりしない

あるいはそもそも書き出せる状態ではない方は次の項目を

 

確認することその3:日常生活に支障は無いか?

 

管理人の体験として
「死にたい……」と繰り返し思っていた時期は
以下のようなことが度々起こっていました

  • 夜寝るのが怖い
  • SNSやテレビの音や映像が他人事のように感じて実感が無い
  • 趣味に没頭する気力がわかない
  • 食事の味が薄く感じる、あるいは全くしない
  • 普段は気にならない他人の言葉にストレスを強く感じる

以上のことに当てはまる、あるいは
似たような感覚を最近感じたことがある方

危険信号です。

無理矢理にでも休みを取って心療内科へ直行しましょう

仕事に穴が開く?

休みが取れない?

 

とにかく休んでください

病院に行ってください。

 

僕の場合、これらの状態を放置していたら

自室で自殺未遂していたところを先輩に発見されました。

 

仕事にあいた穴は会社が勝手に埋めてくれますが
貴方が死去したとしても誰も責任を取ってくれません

何でもいいからまず逃げてください。

あるいは会社や仕事やその他から距離をとってください。

部屋に引きこもって携帯のメールも電話も無視して結構です

とにかく病院へ。

 

逃げ道を確保、逃げる方法を考えておく

 

転職、辞職の道を考えておきましょう
逃げ道がある、というだけでも違ってきます。

僕のようにズタボロにされる前に
自衛の一環として転職の準備を進めることをオススメします

 

今すぐ動かないと駄目?

 

駄目です

理由は単純明快で
現時点でこのページに来るまで追い詰められているのであれば
明日、来週、来月になった時
行動できる気力があるとは保障できません

少しでも行動できる気力がある時に
自分の将来を少しでも明るくできる行動を起こしておくのが
一番の自衛策になります。

そのために一歩でもいいので行動をしましょう。

 

一歩の行動としてオススメなのが転職エージェントへの登録

転職はいいかもしれないけど
仕事しながらは……

という方にオススメなのが
転職エージェントに登録だけしておく、という方法

いざ本当に辞職した時に
転職をどうしようか、という相談先ができるということと
情報を集めるときに手段が一つ増える、というのが
何よりもの利点

自分の力で何とか調べる、だけでなく
別な機関の力を借りてもいいし、借りなくてもいい
登録したからには使いこなさなくては!
と気負わなくても
自分で探していて行き詰ったときに
ちょっと別視点から探すヒントにする
くらいの気持ちで登録してみましょう

 

オススメのエージェント キャリコネ



転職を考えるときに不安に思うのが

「転職しても同じ理由でまた辞めたくなるのでは……?」

という不安

実際、転職の際に転職先の情報収集が不十分だと
「仕事内容が不満で辞めたのに同じような仕事……」
ということにもなりかねません

そういった事態を防ぐために
企業の外側から見た情報だけでなく
内部の口コミや社風などといった
内側からではないとわかりにくい情報収集も必要

キャリコネをオススメする理由として
そうした口コミ情報が非常に豊富である、という点
社風や雰囲気、人間関係で行き詰った、という時も
転職先に考えている企業で
そういったトラブルから退職した先人がいないかどうかを
しっかり確認できるというのは非常に大きいです

プロフィール登録が非常に詳細で手間なのが難点ですが
登録そのものは無料で出来るという点もオススメ
登録だけしておいてちょっと情報収集だけしておくか……

という方は気力のある今の内に登録してみましょう。

公式ページはコチラから
10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

 

 

まとめ

少なからず期待して入社したのに
こんなになるなんて
自分は弱い人間なんだろうか……?

色々な思考が頭の中を巡った末に
ここへ辿りついたと思います

そしてここへたどり着く程に
とても真面目で誠実ゆえに悩んでしまったのだと思います

「入社したのであれば途中でやめたりせず
しっかり勤め上げなければ……」 と

とても立派な志ですが
心が折れてしまってはどうにもなりません

今の辛い職場で頑張るよりも
新しい職場で頑張りなおすために頑張る
その為の一歩を踏み出しましょう。

少しでも楽しく仕事に従事できる日が来るように祈っています。

 

 

 

関連記事(広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です