自分のリリィ(幼少期)が目の前にいたら何を話すべきなんだろうか?

 

 

東京タラレバ娘にて

「タイムマシンねえええええええええ!!!」

と独白する下りがありましたが

実際よく言われる喩え話として
昔の自分に忠告するとしたら、何を話すのがいいんですかね?

自分の場合をあれこれ妄想してみた

 

スポンサーリンク



 

タミネコ(リリィ)と会話してみる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だめだこりゃ

 

昔の自分に忠告してもいい結果が出るかどうか怪しい

「自分はゲイである」 ってことを忠告しておけば
アイデンティティクライシスは難なく通過できる……
かどうかも怪しいですな

自分がゲイだと感づいたとき
ゲイである自分を一番手ひどく差別するのは
他でもない自分自身ですからね

僕自身も自称バイ

→ やっぱノンケちゃうわ俺

っていう段階を踏んで今の自分に至っているので

 

教えられても対応できない

 

知っていれば避けられる災難と

知っていても避けられない災難

言ってもどうしようも無いってのが多すぎるわ

 

MTG動画作ったのをきっかけに
言い寄ってきた男はどうしようも無いホラ吹きだから信用するな
って言ったところで避けられるとは思えないし
(避けられないから引っかかったともいえる)

転職先の上司とそりが合わなくて
心療内科通院の末人生終了しかけた って言われても
せいぜい怯えるのが関の山

 

実際に痛い目を見てはじめて学んだってことが多すぎんよ

しいて言うなら 「それでも、転職恐くない」 あたりか

あとは 「ダンベルとベンチはもっと早めに買え」

さらに言うなら 「素手での戦闘力は上げておけ」 ってところ

 

今の自分もこの先の自分にとっては “リリィ” なんだよなあ

 

 

 

よくあるコピペ

「今のお前は5年後からやり直しているお前なんだ」

 

今日も筋トレ、MTG、ブログもろもろがんばりましょー

 

追記:

実際のところ リリィ っていうのは単なる幼少期って意味ではないんですが
そこはお兄さんゆるして

 

 

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です