【エルダースクロールズレジェンド】チュートリアルからストーリーモードを遊んだゾ、TESプレイヤー必見

 

ベゼスタソフトワークスより

PC版のThe Elder Scrolls : Legends がリリースされていた
という話を聞きつけたので
オブリビオンから入った身としては
とりあえず触れておかなくちゃ……(使命感)

と、使命感に駆られたので早速ダウンロード
チュートリアルから序盤のストーリーモードを
一通りクリアしたので
カードゲームとしての触感をまとめたゾ

公式サイトはコチラ

 

スポンサーリンク



The Elder Scrolls : Legends とは?

 

ベゼスタソフトワークスの代表作であるRPG
エルダースクロールシリーズの世界観をモチーフとした
オンラインカードゲーム

大まかなルールとしては

クリーチャーを召喚して相手を殴り
対戦相手のヘルス(体力)を0にすれば勝ち

ここらへんはよくあるカードゲームと同様

 

クリーチャーカード図説

 

左上の数字 3:マジカ いわゆるマナコスト
マジカは1ターンに1つずつ最大値が溜まっていき
必要分のマジカを消費してカードをプレイする
(ハースストーンやシャドバと同じ)

左の数字 1:攻撃力 パワー
攻撃した際に対戦相手、もしくはクリーチャーに
この値分のダメージを与える

右の数字 1:防御力 タフネス
クリーチャーの防御力を示す値
ダメージが蓄積していき
この値を超えるダメージを受けると死亡し、墓地へ送られる

なのでこのカードの場合
3マナ1/1 挑発
手札から唱えた時
マナコストの最大値を1つ増やす となる
(まるで青銅の鎧みたいだあ……(直喩))

 

レジェンズ独自要素:レーン

 

レジェンズの独自要素であるレーンについて

レジェンズでは戦場が2つに分かれており
原則的にクリーチャーが攻撃する際には
同じレーンにいるクリーチャーにしか攻撃が出来ない

上の図であれば
左のレーンに居る敵の5/5を攻撃できるのは
同じレーンにいる2/1と3/3のクリーチャーのみとなる

 

さらにレーンによっては特殊なエフェクトが掛かる場合があり
そのレーンにいるクリーチャーは攻撃の対象にならない など
どちらのレーンに配置するか、という戦略性があって非常に面白い

パワーは高いけどタフネスが貧弱すぎるクリーチャーを
攻撃対象にならないレーンにおきつつ攻撃、なんてことも可能

 

ストーリー分岐について

 

ストーリーモードで面白いな、と思ったポイント

たとえば狼の群れに居た子犬を

連れて行く もしくは 放っておく

どちらかを選んだかによって
その時の報酬として受け取れるカードが異なる、という要素

(ちなみにどちらを選んでも
あとから入手はできるので安心
TESシリーズ必須のRP要素)

2マナ3/3 か バウンスか 実用性から選ぶか

あるいは名も無き英雄として狼をどうしたか、から選ぶか

こういうところが凄くTESっぽくて満足。

 

独自要素:プロフェシー

 

ライフが一定以上低下した際
あらかじめランダムにセットされたカードを手札に加えることが出来る
この際、プロフェシーと呼ばれるカードを加えたとき
マナコストを支払わずに即座に使うことが出来る、という要素

 

 

……ストレートに言えばデュエマのシールドトリガーそのもの

対象のクリーチャーを破壊する
戦場に出たときに○点ダメージを与える
高タフネスと挑発持ち、などなど

ライフを削るときは相手のプロフェシーを予測した
立ち回りが必要になるという中々面白い試み

 

カジートとアルゴニアンがやたらとセクシー

 

 

あぁ^~~~~~~~!!!!!

 

 

 

デイドラロードや帝都の姿も、TESプレイヤー必見

 

ストーリーモードの中には

  • ボエシアの信奉者
  • インペリアルシティへの攻撃
  • デイドラロードの姿

などなど
チュートリアル部分でもハッ!? とする描写が多々あり
カードゲームに門外漢でも
エルダースクロールシリーズ愛好者であれば
ぜひ見てほしいシーンが盛りだくさん

デジタルカードゲームが好きな方は無論

何よりTESシリーズを愛する方には特にオススメです

残念ながら現在英語のみですが

MODとの格闘になれたTESプレイヤーなら楽勝なのでご安心を

 

 

公式サイトはコチラ

 

 

 

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です