【オタクな生活】steamの初代DeusExが久々に面白かったので強引にオススメする

最近こう

「ゲームがしたくてしてるんではなく
ただ時間を潰すためにゲームする」

といった感じで
昔のようにワクワクしながら起動するのも
かなり少なくなってたんだよなあ……

そんな中で、Steamでなんとなーく
安いから っていう理由で購入したゲームが
久々にドハマリしてワクワクしながら起動して
一気に20時間ほどプレイしてクリアしてしまったので

熱が冷めるまえにオススメしておくゾ

今回オススメするのは

DeusEx Game of the year Edition

 

スポンサーリンク





 

DeusExってどんなゲーム?

 

 

サイバーパンクSF

一人称視点のRPG+シューティング

 

まるでFallou……といいたいところですが
オープンワールドでは)ないです。

強引に例えるのであれば
64のゴー○デンアイやパーフェ○トダークに
スキルとアイテムによる成長要素と
適度な謎解き要素を入れたRPG
と言えばピンと来る兄貴は多いのではないでしょうか

 

参考にスキル画面

指定されたクエストを完了したり
抜け道を探し当てたりするとスキルポイントがもらえて
それを割り振ってレベルアップさせる……というシステム

ピストルであれば攻撃力、精密さがアップし
コンピューターであれば
ハッキングして鍵を開けさせたり
固定砲台を乗っ取って敵を攻撃させられるようになる、などなど
単純につよくなる! というより
攻略の幅がじわじわ広がる、というイメージ

ちなみに未強化だと銃はろくに使えないで
まともに銃撃戦すると大体死にます

 

鍵のかかった扉がある > 誰かに番号を教えてもらう、自分で開ける、あるいは……

 

デウスエクスの一番の売りの部分

このように鍵のかかった扉があるなら……

  • 鍵を探す
  • ピッキングでこじ開ける

 

 

FOO↑!! 気持ちいい^~!!!

 

こんな感じに

強引な手段を含めて複数解答がある というのが魅力

面倒だな、と思ったら
重火器関連のスキルを上げまくって
ひたすらゴリ押しってのがちゃんと出来るのがいいっすねえ
全体としてはステルス推奨ながらも
敵NPCを片っ端から粉砕してスイスイ行ってもOKっていう
攻略に幅があるのがたまらねぇぜ!!

2週目はもうちょっと慎重にステルスゲーするゾ
っていう遊びの意欲がわくんだよなあ……

 

NPCの反応が思いのほか細かい

たとえばサブクエストにある
「地下鉄に居るドラッグの売人を暗殺しろ」というクエストでは……

  • 売人を依頼を聞く前に殺す
  • 売人を依頼を聞く前に気絶させておく
  • 売人を依頼を聞いた後殺す
  • 売人を依頼を聞いた後気絶させる
  • 依頼人を殺す

 

というように解決方法が沢山ある上に
クリアの仕方で会話内容が変化するという細かさ

敵陣を強引に突破すると好戦的なNPCから褒められたり
逆に穏便なNPCからとがめられたりと
プレイスタイルで微妙に変化するのがまた面白いんだよなあ……

 

まとめ:どういう人にオススメ?

 

  • FPSが好き
  • 攻略手段が色々あるゲームが好き
  • パーフェク○ダークが好き
  • 続編のヒューマンレボリューションをプレイしたことがある

 

といった方にオススメ

少し古さはあるけども
それを有り余る面白さがあるんだよなあ……

あと日本語化も比較的楽なのもいいゾ~
くわしいやり方については コチラ

 

 

Steamのページはこちらから

ちなみに続編がコチラ
(時系列的には過去だったりする)

 

 

 

 

おまけ:個人的な攻略メモ

  • 最初兄貴からもらう武器はGEPGUNがオススメ
    (扉をこじ開ける、BOTを壊せるから)
  • コンピューターのスキルはとりあえずTrained~Advanceに
  • 防御スキルは死んでる、泳ぎスキルはTrainedでおk
  • 香港で手に入るドラゴントゥースはぶっ壊れ武器
    (まるでオルランドゥみたいだあ……(直喩))
  • ライフルはスキルを上げないと手ぶれが酷くて使えない
  • マルチエンディング
    (神になる、見えざる手になる、暗黒時代の3つ)
  • 兄貴「逃げろ!」 > 俺「やだよ、おう(応戦)」
    >このルートだと終盤まで兄貴が登場する

 

 

 

関連記事(広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です