妖怪惑星クラリスって面白ったですよ……? 突然のサービス終了宣言

 

ツイッター上で余りにも強烈なビジュアルで笑いを起こし
さらに召喚獣の名前を一般公募したことで
淫夢ネタの嵐となってさらに話題になった
妖怪惑星クラリス

採用されたネタのあまりにもの危うさから
そもそも審査に通らないし
ネタ話で終わるだろうと見られていましたが
まさかのAndroidおよびiOS双方にてリリース開始

そんな馬鹿なと思いつつ
実際どういうゲームなのか気になっていたので
試しにダウンロードして少しばかり
遊んで見た感想をお話しします

 

追記:2018年2月23日

突然のサービス終了宣言と共にログイン不能に

稼動期間僅か3ヶ月の短い命でした……
公式ツイッターによる突然のサービス終了宣言と共に
数分後、即座にログインが不可能になるという
サービスそのものだけでなく終了の仕方も多いに話題となりました

ソーシャルゲームの歴史に残る一本でしたt捻転

 

スポンサーリンク
 




 

やはりぶっ飛んでいるデザインとセンス

フィールド画面です
なんというか

何かのツクールのプリセット素材を

強引に繋ぎ合せたような

形容しがたいデザイン

歩ける場所とそうで無い場所が
一見して分かりにくいのが一番の難点

そしてこのゲーム、どういうわけか
デフォルトの名前が
「ステータスで名前変更」 という名前のままなので
序盤チュートリアルのフィールドには

ステータスで名前変更という名前を下げた
ウサミミのプレイヤーが徘徊するという
知能指数が激減する光景が繰り広げられています

 

 

ソシャゲによくあるガチャは……

ガチャ画面です

もう一度言います

ガチャ画面です

良くあるソシャゲと同様

ただ一方で特筆すべき特徴として
召喚獣ガチャは排出される属性を
ユーザー自身で選べるというありがたい仕様

闇属性が優遇されている現在の環境だと
新入りでも戦力を整えやすいというのは
何気に親切なんだよなあ……

 

優良チュートリアルの公開場と化した自作物語

クラリス独自のシステムとして
ゲーム内のNPCを使った自作物語を作成できる
という未来に行き過ぎているコンテンツ

しかもこの自作物語
ユーザーから支払われたゲーム内通貨が
一定以上に達すると
運営より報酬として現金がもらえるという
かなり思い切った試みを行なっています

そしてこの自作物語
リリース当初はいわゆる淫夢ネタや
アニメのワンシーン再現などが
多くを占めていましたが

現在ではそうしたネタ投稿だけでなく
初心者向けの有用なチュートリアルの
公開場ともなっており
ユーザーからちゃんと重宝されているというまさかの展開

ゲーム内のチュートリアルでは確認できない
召喚獣の育成方法
ガチャ産キャラクターの使い方
戦闘システムのさらに踏み込んだ解説などが
淫夢語録を交えて分かりやすく解説されています

 

意外と面白い戦闘システム

戦闘はフィールドのキャラクターに接触すると開始する
いわゆるシンボルエンカウント方式
名前から敵の属性とレベルが把握出来るのは親切

画面に表示されているアイコンの順番を入れ替えることで
同じ属性の攻撃をつないでコンボを成立させ
大ダメージを狙う、というのが大まかなシステム

実際にプレイしてみるとスピード感あり
戦略性ありと、思いのほかよく出来ているシステム

その上、他のプレイヤーの戦闘に乱入して
支援攻撃が出来たりと、見た目のカオスさに反して
非常に斬新なシステムを取り入れており
開発の意欲が伺いしることができます。

 

まとめ:ネタかと思ったらよくできてるソシャゲ

総評としては意外と遊べるソシャゲというのが
クラリスの第一印象でした
フィールドBGMが種類が少な過ぎて少し寂しいとか
キャラデザインがやはり毒気が強すぎるなど
なかなか勧めにくい要素も多いですが
ネタと思いきやちゃんとゲームができるところも多いので
気になるなあと思うのであれば
思い切ってダウンロードしてみるのをオススメします

追記:2018年2月23日

突然のサービス終了宣言と共に現在公式サイトも閉鎖済みです

関連記事(広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です