【ビットコイン】仮想通貨に片足を突っ込んで見たおっさんの自分語り【難しい】

マウントゴックスの一件以来の
久々に仮想通貨界隈にて大きく話題になった
コインチェックの一件

なんか儲かるらしいけど怪しいなー分からないなー
とかなんとかいううちに
暴落! 破綻! 大損!
暴落!! 破綻!! 大損!! って感じで
頻繁にRTされてるけど実際どうなん? という方も
ちらちら見られたので

著者自信がコインチェックとビットフライヤーに登録して
1000円ほど損した時の話についてつらつら語るゾ

スポンサーリンク





 

とりあえずやってみた、スマートフォンにて

 

そもそも仮想通貨とは?
……ということを語ると文字数が足りないので
どうやってやったのかという点に集中します

僕が使ったのは今話題のコインチェックのスマホアプリ
ビットフライヤーと呼ばれるこちらも大手の
仮想通貨取引所のスマホアプリ

登録そのものは株取引やFXとほぼ同じく
個人情報の確認やらセキュリティ認証登録を済ませたら
コンビニ、あるいはクレジットカード
銀行への直接振込などで口座へ入金
そのあと実際に仮想通貨を売り買いするという流れ

 

で、何を買ったんですかね?

実際に購入したのは

ビットコイン`0、001
イーサリウムクラシック0、1などなど
せいぜい5000円ほどの取引

 

スプレッドがキツすぎてさっさと撤退

 

そんなガバガバ投資でも
後から計算すると600円ほど一瞬はプラスにはなっていたのが
当時の高騰の凄いところ
5000円に対して600円なので
50万なら6万
500万なら、と夢が広がっていくのも納得のバブルっぷり

ツイッターで何度も流れていたポジショントークも
納得のイージーモードでした

実際に稼げるかは別です

それだけイージーモードだった仮想通貨から撤退したのは
仮想通貨の取引の差額であるスプレッドがキツく
買った価格から10%は上昇しないと
損が確定してしまうという思いのほか高い難易度のせいでした

取引所によってこのスプレッドと呼ばれる
買取時と売り払う時の差額は異なるのですが
コインチェックとビットフライヤーでは
どちらもおおよそ10%~20%の差額があり
当時のバブリーな雰囲気の中でも
10%以上一気に跳ね上がる仮想通貨は限られていました

その内に金額を気にして
四六時中スマホアプリを確認する生活に嫌気が差した辺りで
全口座にあった僅かなビットコインとNEMを売却し撤退しました

 

 

撤退後しばらくしてからコインチェックの破綻からの
バブル崩壊でかなりの大暴落が起きたので
何気にギリギリセーフな状況でした、こわいこわい

 

投資で稼ぎたいのならそれ相応に知識がいる

当たり前だよなあ?

当たり前すぎるんですが
当時のバブルっぷりは凄まじく
普段投資に縁のない神絵師さんすら
仮想通貨のやり方を模索していたという
なかなか凄まじい状況でした

今はポジショントークに励んでいたクラスタは
さっさと株やFXなどのほかの投資に戻り
モロに下落を食らった人は、、、どうなったんですかね

まとめ、投資に参入するなら準備と勉強を欠かさず

コインチェックの件に限らず
投資クラスタ以外のポジショントークに乗る時は
投資するものについては少しでもいいから
原理なりなんなりを学んで置くべきだと痛感

恥ずかしながら当時仮想通貨については
マイニングやスプレッドといった
基本的な単語の意味すら分からないまま
数千円を突っ込んでしまっていました

今回の投資については
投資の難しさをあらためて肌で感じとることが出来た点は
まあ、上々かなと言えますね

現在仮想通貨の相場は落ち着きを見せており
投資先の一つとしてはまだまだ息があるようなので
興味があるかたは口座を開いて
数千円くらいの投げ捨てても良い金額で
とりあえず触れてみる、というのはオススメしておきます

ただし、今回の破綻からの暴落で何度も言われたとおり

  • いきなり大きな金額を投資しない
  • 投資のためといいながら借金を行わない
  • 分からなくなったらすぐに撤退する
  • ツイッターの曖昧な情報に安易に載らない

とにかく徹底して自衛と自己責任で始めましょう



関連記事(広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です